TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

人文・社会科学 新着記事

NEW POST
help
  • 戦争について考える

    今日は戦後75年。終戦の日と言われる日で、大日本帝国が連合国のポツダム宣言を受諾する事を表明した日です。当然、実際に敗戦となったのは、これ以降にミズーリ号上で降伏文書に署名した9月2日となりますが、こちらの方は今の日本でもあまり取り上げられる事はありません。歴史を振り返ってみれば、明治維新から日清、日露戦争、第一次世界大戦、日中戦争と、先の太平洋戦争終結まで、ひたすら日本は戦争に首を突っ込んできました。これだけ戦争に関わってくれば、日本国民も戦争に疲弊していた事も考えられるし、特に先の大戦では筆舌に尽くし難い辛酸を舐めてきたので、恐らく太平洋戦争が終った段階で国民の中には、厭戦気分もかなり高まっていた事もあり、そこから今ある日本国憲法の成立という動きに続いたのではないでしょうか。しかし何故、人類は戦争をするので...戦争について考える

    斉藤 単己

    自燈明・法燈明

    読者になる
  • Garminのデータを使ったレース分析(のようなもの)

    // // 先日ブログにもあげた「Mt.六甲 トレイルラン サマーピクニック」の記事の中で、個人的な反省の中で「下り坂での走りが下手(後半は下り坂を攻められなかった)」というのを書いています。自分の中での感触で、レース後半の下り坂で歩く時間がかなり長くなったからなのですが、実際にレース後半の下り坂で走る速度が遅くなっているのか?を客観的に確かめたいと思ったので、今回Garminのデータを抜き出して確認してみました。ちなみに、以前にもデータを用いた記事を書いた(その1、その2)ことがありますが、これらは「駄研究」として新しくカテゴライズしておきます。「駄」については、現代美術二等兵ふじわらさんの…

    Proffe

    思ったことを認めるブログ

    読者になる
  • コカコーラ さわやかテイスティー I Feel Coke

    気になったニュースや、この世の様々な謎をぽんぽこ精神で大解明

    サバイバルいばる

    ぽんぽこ伝説

    読者になる
  • 心のかたちについて-意識について①

    今日の午前中には、私は嫁と近所を散歩しました。約3キロから4キロ程度を1日のノルマとして実は私は散歩をする事を私自身、心がけているのですが、やはりこの酷暑の中で歩くと体力は消耗してしまいます。そのせいか、帰宅してから気が付いたら2時間程度、昼寝をしてしまいまして、先ほど目が覚めました。唐の沈既済の小説『枕中記』の故事の一つに「邯鄲の枕」という話があります。日本国内では「一炊の夢」という名前で知られています。この物語は以下にリンクを貼っておきますので、お時間があれば読んでみて下さい。http://www.katch.ne.jp/~kojigai/issuinoyume.htm(中国故事街:一炊の夢)昼寝が覚めた時、実はこの私の人生と思っているのも、もしかしたら高校生の私が昼寝をしている間の夢だとしたら、どうなのだ...心のかたちについて-意識について①

    斉藤 単己

    自燈明・法燈明

    読者になる
  • 創価学会と公明党支援について

    本日知人に見せてもらったのですが「進む会」の申込書とか、次の衆議院選挙に向けての資料が、どうやら創価学会の末端組織に配布されているようです。ちなみに私の所には、私自身が公明党支援をしないという事を公言しているので、こういった資料は当然の事、一切来る事はありません。今の日本社会では新型コロナウィルスの感染拡大が進んでいて、医療機関のひっ迫が懸念されています。沖縄県においては、独自の緊急事態宣言を出していますが、今日本の中では、このパンデミックに関する動きは地方自治体が中心になって動いている様に見えています。本来、国として感染症とどの様に向き合うのか、それは中央政府の役割が大きいと思うのですが、どうやら安倍自公連立政権には、そういった意識はない様です。感染対策は基本的に地方自治体に丸投げしている様にしか見えません。...創価学会と公明党支援について

    斉藤 単己

    自燈明・法燈明

    読者になる
  • またしても

    地雷踏んだかなぁ。コミュニケーションは難しい。今回はでも確信犯、だから障害ではない、よな。つかれた…。...

    たの

    治し湯

    読者になる
  • 久しぶりの大会出場 第5回 Mt.六甲 トレイルラン サマーピクニック

    最近(元から?)このブログの方向性が謎なのですが、久しぶりに一応メインに据えているトレイルランについて。先日出場してきた、「第5回 Mt.六甲 トレイルラン サマーピクニック」についてのレポデモしようと思います。 参加までの流れ 大学時代の先輩と、かなり前から「トレイルランの大会に出たいな」という話をしていたのですが、コロナ禍の影響などもあり、なかなか誘いづらくなる上に、そもそも大会自体が中止になるパターンも多く、どうしたものかと思っていた中で見つけたのが「第5回 Mt.六甲 トレイルラン サマーピクニック」。神戸の大学を出ていることもあり、神戸で開催される大会ということ、28kmという少し長…

    Proffe

    思ったことを認めるブログ

    読者になる