TOPICS

人文・社会科学 新着記事

1件〜50件

  • 幸福とはなんだろう

    以前にある創価学会の婦人部から相談を受けました。私は結婚してるので、下手すりゃ不倫に見られるかもしれませんが、相当に悩んでいる風情でもあり、念の為に嫁にも断りを入れて面談したのです。その婦人部ですが、シングルマザーで、何とか少しでも良い生活がしたいと、転職に転職を重ねていました。私なんかは創価学会の中では、半ば忘れ去られた存在なのですが、どこをどう聞いてきたのか相談したいと言う事で、連絡をもらったのです。話を聞くと派遣の仕事を幾つか渡り歩き、やはり安定感と収入を増やすために正社員になりたいと、必死に御本尊に祈ったそうです。それこそ何時間も何時間も。すると不思議と正社員に採用されたのですが、本人曰く、ブラック企業ばかりで録な会社に巡り合わなかったとか。そしてそれを自分のいる創価学会の組織で、幹部に相談すると「お題...幸福とはなんだろう

    斉藤 単己

    自燈明・法燈明

    読者になる
  • 先史時代の人類は「動物の骨髄」を保存食にしていた

    そもそも>・人類は、樹上で生きてゆける機能を失ったカタワの猿であり、到底生存できないような極限的な状況下で洞窟に隠れ棲み、骨髄をすすりながら、奇跡的に生き延びてきた。330657分けだが、その痕跡がはっきりした。リンク より

    人類の起源

    人類の起源を探る

    読者になる
  • 【朗報】自分に自信がないなら、他人との比較を止めよう【幸福に生きる】

    本記事では「自分に自信がありません。しんどいです。どうしたらいいかなぁ」という疑問にお答えしました。

    まこすけ

    京極真の研究室

    読者になる
  • 離散分裂(再)融合更新循環。。。

    私の研究対象を、自己同一性ではなく、進化する自己相似性としたことにより、以前から提案している「離散分裂(再)融合更新循環」にも多分変化が出てくるはず。

    CLG2009

    言語学の嘘

    読者になる
  • 私の研究の出発点は言語。。。

    最近、いろんな分野に関心を持って、一種のつまみ食い状態だったが、結局私が拠り所にできるのは、言語に関する研究であることがようやく理解できた気がする。 そして、自分の研究と一番近いところにいるのが記号

    CLG2009

    言語学の嘘

    読者になる
  • イタリア語の3つの人称と、日本語との比較。。。

    イタリア語には多くの欧州語と同様に3つの人称がある。 これは一般的に、日本語では普通、以下のようにあらわされる。 一人称:私 二人称:あなた 三人称:彼、彼女、それ 人称というのは英語にもあるので

    CLG2009

    言語学の嘘

    読者になる
  • 題目を唱える事

    「蛍光灯も、仕組みを理解していなくてもスイッチ入れたら明るくなる。それと同じ様に、理屈は解らなくても、お題目を唱えたら功徳が得られます。」これは創価学会で新入会の人に、お題目と御本尊(文字曼荼羅)の事を説明するセリフです。だから新しく入った人は、大抵何かしらの目的を持っての事なので、一生懸命、勤行唱題をします。でもどうなんでしょうか、この創価学会の指導とは、本当にあっているんでしょうか。誰もそこについて再考する人って居ません。多くはこの教えられた事を信じて自分の目的、例えば仕事や家庭の事、人間関係の事等が少しでも良くなればと、ひたすら勤行・唱題に励みます。すると中にはそれらの事が解決したり達成したりするので、この言葉の信用性が高まったりしていきました。しかしそれは一部であり、多くは叶わなかったり、場合によっては...題目を唱える事

    斉藤 単己

    自燈明・法燈明

    読者になる
  • 余経も法華経も詮無し

    未だ日蓮の書いた唱法華題目抄を読みふけっています。日蓮の御書とは鎌倉時代の文献であり、学生時代に学んた古文なので、読み解くには結構な労力を必要とします。また古文というだけなら良いのですが、教学的な御書の場合には、その前提となる知識も当然、無くては理解する事は困難ですし、当然、誰に与えられ、どの様な時代背景があるのかについても、予備知識として知っておく必要があるのです。なぜいま唱法華題目抄を読んているのかと言えば、日蓮の歴史を辿ろうと考えた時に、日蓮が安房小湊の清澄寺に於いて立教開宗した時に、いったいどの様な教えを持って、この世界に広めようとしていたのか、その端緒を考えるためには、どうしてもこの唱法華題目抄というのは外せないものだったからです。私はこの時代に於いて、単に文字曼荼羅を配りまくるとか、その曼荼羅の親玉...余経も法華経も詮無し

    斉藤 単己

    自燈明・法燈明

    読者になる
  • 仕事で理不尽な出来事があってイライラするのは時間の無駄な件

    本記事では「仕事で理不尽な出来事がありました。イライラして他のことが手につきません。マジでむかつくなぁ」という気持ちにお応えしましした。

    まこすけ

    京極真の研究室

    読者になる
  • キャラウエイ2 *おだわらあつぎどうろ *かたあしでジャンプする

    キャラウエイはいますか?「先日のお客さま! ですね!」ときどき函鳴りしていたの...

    KOJI

    独解=<ゼロ>の発見

    読者になる
  • エッくハルト・トール 動画

    31anewearthwebclass.mp4エッくハルト・トール動画

    ハラミッタ

    思想家ハラミッタのおもしろブログ

    読者になる
  • 仕事を辞めたいなら限界がくる前に辞めるべし

    本記事では「仕事つらい。仕事を辞めたいけど辞め癖がつくといけないので、限界まで頑張ってからの方がいいのだろうか」という疑問にお答えしました。

    まこすけ

    京極真の研究室

    読者になる