TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

技術・工学 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    新札は土日に入手できるか?出来なければアイロンで伸ばす!

    新札を土日に入手したい。結婚式などご祝儀でピン札が必要なことがありますよね。平日なら銀行や郵便局のATMで引き出せますが休日だと厳しい。やり方はいくつかあるようですが、確実な方法はなさそう。新札が土日に手に入らなければアイロンで伸ばすのもありです!

    べぎやす

    ~紙の知識と雑学~ 元製紙会社社員が語る紙コンサル

    読者になる
  • 2位

    ★災害時・停電時の備え!安心感のあるポータブル電源~国内・海外20社44製品から厳選したベスト品は?

    地震や台風など、停電時に活躍する「ポータブル電源」について、徹底的な比較を行いました。国内・海外の大小メーカー20社、44製品について比較し、価格・性能が妥当で、安心感・信頼感のある製品を選びます。★災害の備えに、ポータブル電源を検討中! 昨年(2019年)の秋には、台風の影響で、はじめての「緊急避難」を経験しました。家の前のマンホールが逆流し、危険を感じたからです。避難場所は、近隣の小学校の体育館でした...

    マツジョン

    家と子供と、今日のおじさん(仮)

    読者になる
  • 3位

    コロナは続くよ~、どこまでも(なんとかならんもんか)

    ちょっと不謹慎なタイトルになったことをお詫びします。いや自分の壊れかけそうなんでご容赦。みなさんも同じかな。 オリンピックはとりあえず延期になった。仮に日本が…

    柳屋画蔵

    あるエンジニアの回想録

    読者になる

続きを見る

  • 地図

    地図

    地図(ちず)とは、地球などの地表、あるいは架空の世界の全部または特定の一部分を縮小表現したものである。 書店等で一般的に入手可能な地形図は、東西南北や緯度、経度が指し示されて、等高線による土地の高低差、海、湖、河川のような水域、行政区画、道路や建物の位置などの多くの情報が網羅されている。地図では、記入される情報は全て地図記号で表され、地図の種類または国ごとに統一され決められている。ただし地形図以外のもの(道路地図やガイドマップなど)においてはこのような規格には沿っていないものが多い。さらに鉄道路線図のように接続関係のみを重視し幾何学的正確性を無視したものもある。 日本では、国土地理院により測量がされて作られている。従来使われてきた測地系(座標を決める基礎情報)が、GPSなどで使われるものと大きく異なっていたため、測量法の改正により2002年4月1日に「日本測地系」を「世界測地系」に変更した。その前後の緯度、経度は座標変換が必要になる。 また日本では地図は著作権法10条1項6号で図形の著作物として例示されており、著作権法で保護される。 現在では、地図のデジタル化によって、地図上に多くの情報をあわせて持つことができるようになっている(地理情報システム(=GIS)参照)。

    テーマ投稿数 97件

    参加メンバー 25人

  • 核弾頭

    核弾頭

    核弾頭(かくだんとう、nuclear warhead)は、モジュール化された量産型の核爆弾である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 火炎放射器

    火炎放射器

    火炎放射器(かえんほうしゃき、flamethrower)は、「炎」を投射する、もしくは「火がついた液体」を投射する武器/兵器、道具。 道具としては、農業や一般家庭などにおける雑草の駆除などに使用されるものがある。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 手榴弾

    手榴弾

    手榴弾(しゅりゅうだん、てりゅうだん[1])は、武器の一つで、主に手で投げて用いる小型の爆弾。自衛隊などでは手投げ弾(てなげだん)と呼称する。人など非装甲目標に有効で発射装置を必要としないため歩兵の基本的装備となっている。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 地雷

    地雷

    地雷(じらい、(『ぢらい』とあらわすこともある。)landmine)とは、地上または地中に設置され、人や車両の接近や接触によって爆発して危害を加える兵器。対人用、対車両用がある。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 中国・四川省大地震

    中国・四川省大地震

    中国の四川省で発生した大地震について。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 8人

  • 地震予知(緊急地震速報)

    地震予知(緊急地震速報)

    地震による被害を軽減するために、人類は揺れに強い建物を造る努力を続け、現在では大地震に耐えられるような建物を造ることができるまでになった。一方で、地震の発生時期を予測して被害を軽減しようと、数千年前から地震予知を試みてきた。しかし現在でも、一般には、地震の発生を事前に「正確に」予知することは困難とされている。 ひと口に地震の予知と言っても、そこにはさまざまな範囲や形式が考えられる。端的に言って「何月何日の何時に、何処でどれだけの規模の地震が発生する」といった範囲・形式での予知を、科学的な手段による根拠を提示して行うことは、少なくとも現時点では不可能と言ってよい。 地震調査研究本部の作成した「確率論的地震動予測地図の試作版(地域限定−西日本)平成16年3月25日(地震調査研究本部、平成16年3月25日)」では、東海・東南海・南海などで30年以内に40〜50%(50年以内なら80%以上)の確率で地震が起こると試算している。これらの地域では長さ数百kmの断層全体が一度に動き、広範囲に被害が及ぶような地震が度々起きたことが判っているが、「次」がいつ起きるのかはわからない。 地震学者や行政が公式に認め取り組んでいるのは、ほとんどが地学的な見地に基づいた地震予知である。また一部の研究者は従来の地学的手法とは異なる観測方法を用いた地震予知を研究している。これらのほかに、地震前に広く見られると言われている種々の前兆現象(宏観異常現象)を予知に用いる研究をする人もいるが、地震学者からはほとんど認められていない。 近頃ラジオやテレビ、メールで始められた緊急地震速報も限界があるが、誤報慣れによる人心の緩みが被害を招く、地震予知も速報も生かすも殺すも人間の心の準備と言う事が出来るだろうか?

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 25人

  • 東海地震

    東海地震

    東海地震(とうかいじしん)とは駿河湾内に位置する駿河トラフで周期的に発生する海溝型地震。マグニチュード8級と想定される。 関東地震(南関東〜静岡県)、東南海地震(中京〜南紀)、南海地震(南紀〜四国)としばしば連動する(同時期または2〜3年後に発生する)。本来、地震名は発生後に命名される物であるが、周期性が確認できる事から、発生前から「東海地震」の名で呼ばれている。

    テーマ投稿数 65件

    参加メンバー 10人

  • 南海地震

    南海地震

    南海地震(なんかいじしん)は紀伊半島の熊野灘沖から四国南方沖を震源とする周期的な巨大地震の呼称。最も新しいものでは、1946年(昭和21年)12月21日午前4時19分04秒、和歌山県潮岬南南西沖78km(北緯32度56.1分、東経135度50.9分、深さ24km)を震源として発生したM8.0の昭和南海地震がある。 この付近ではフィリピン海プレートが南海トラフで日本列島の下に潜り込むため、たびたびM8級の海溝型地震が100〜150年周期で起きている。21世紀中の発生が予想される東海地震・東南海地震とならぶ大規模地震として、地質学者・地震学者から注目されている。 1946年(昭和21年)に起きた昭和南海地震では、地震発生直後に津波が発生し、主に紀伊半島・四国・九州の太平洋側などに襲来した。地震や津波被害が激しかった地域は、高知県四万十市、須崎市、高知市のほか、和歌山県串本町、海南市などであった。四万十市では、市街地の8割以上が地震動で生じた火災等により壊滅したほか、串本町や海南市は津波による壊滅的な被害を受けた。死者は、行方不明者を含めて1,443名(高知県679名、和歌山県269名、徳島県211名)、家屋全壊11,591戸、半壊23,487戸、流失1,451戸、焼失2,598戸に及んだ。 なお、南海地震は過去1,000年余りの地震活動の記録が残されている世界的にも例をみない地震である。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 13人

  • ミサイル防衛

    ミサイル防衛

    ミサイル防衛、略称MD(Missile Defense)またはBMD(Ballistic Missile Defense)とは、主に弾道ミサイルからある特定の区域を防衛することである。 ミサイル防衛は時代と共にその名称が変遷してきた。現在のミサイル防衛計画は、2001年5月以降にジョージ・W・ブッシュ政権が推し進めている、戦域ミサイル防衛 (TMD:Theater Missile Defense) と国家ミサイル防衛 (NMD:National Missile Defense) を統合した多層的なミサイル防衛構想である。

    テーマ投稿数 40件

    参加メンバー 6人

続きを見る

続きを見る

続きを見る