searchカテゴリー選択
chevron_left

「科学」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

農学・森林学・水産学 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    メキシコ料理の変遷-中南米の植民地の変遷(5)

    メキシコ料理の変遷-中南米の植民地の変遷(5)アメリカ大陸のスペイン植民地の中では、現在のメキシコが最も栄えていたと言われています。その繁栄を支えていたのが銀です。メキシコでは16世紀中ごろのサカテサス銀山の開発を皮切りに、17世紀以降にも次々と新しい銀鉱脈が見つかりました。この銀を輸出することでメキシコは永らく栄えることになったのです。それにともなってメキシコの人口も増え、スペインの植民地の中では最大の人口を誇るようになりました。18世紀末のアメリカのスペイン植民地における総人口は約1300万人と見積もられていますが、メキシコには約600万人もの人が暮らしていました。同じ時期のスペイン本国の人口は500万人から600万人と言われていますが、それに匹敵する数です。この約600万人のメキシコ人の内訳を見ると、両親...メキシコ料理の変遷-中南米の植民地の変遷(5)

    T-Shintani

    食の歴史 by 新谷隆史ー人類史を作った食の革命

続きを見る

  • 小学校の理科、科学

    小学校の理科、科学

    小学校の理化学に関する事を記事にしてみませんか 一人では不明なこと分からない事が有ると思います、意見を出し合って良い結果を得たい。 子どもの教育になる理科に関することが下火になっています 理科は体験して観察して体得するものです、子供にそういうチャンスが有ると良いですね

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 4人

  • ミリタリー情報

    ミリタリー情報

     陸海空、それぞれの最新の兵器、軍備についての情報などをおよせください。

    テーマ投稿数 265件

    参加メンバー 21人

  • ゾウさん

    ゾウさん

    ゴータマ・シッダルタ(仏陀・釈迦)が生まれる前に母マーヤーが白いゾウの夢を見たといわれています。ゾウは神聖な生き物。ゾウに関する記事待ってま〜す。

    テーマ投稿数 60件

    参加メンバー 4人

  • MKW54(水が凍らない惑星54)について

    MKW54(水が凍らない惑星54)について

    〜〜〜ここから〜〜〜 米航空宇宙局(NASA)は2011年2月2日、 生命に適した環境を持つ可能性がある 太陽系外の惑星54個を宇宙望遠鏡 「ケプラー」で発見したと発表しました。 ケプラーは銀河系の400分の1を カバーしているに過ぎず、 地球のように 生命を宿せる惑星は予想以上に 数多く存在する可能性が高まりました。 1235個の惑星候補を特定し、 うち64個は熱すぎず冷たすぎず、 液体の水が存在して生命に適していると 推定。 特に5個は地球に近い大きさとのこと。 〜〜〜ここまで〜〜〜 どきどきわくわく情報 ありましたら、 どんどん投稿してくださ〜い! まってます!

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 原子力発電所(このままでいいのか?)

    原子力発電所(このままでいいのか?)

    ご覧いただければ解かるように、このコミュニティは福島原発の事故一ヶ月前の2月11日に立てました、予言した訳ではなく知って欲しかった事があります。 最初はチェルノブイリはじめ、日本の原発内で働く被曝労働者の事を知って欲しかったのです。そして運命の3月11日、その後のニュースを見るにつけ東電社員含め下請け、孫請け、そして近隣住民、日本国民、世界の子供達と被曝者を沢山産むでしょう今回の事故は本当に悲しい出来事です。(このままでいいのか?としました) 原発事故は起きない?と言っていた学者や東電、政府の無策が生んだ事故とその事故の後処理、後手後手です。放射能汚染水や空気は今も拡散して世界を汚します。 LNG火力発電、地熱発電、太陽光、風力発電等々やれる事は沢山あります。すべての原子力発電所は一旦止めよう、そして正直に検証し今そして節電ふくめ未来のエネルギー政策を語ろうではないですか!

    テーマ投稿数 2,178件

    参加メンバー 214人

  • 脳科学とクリエイション

    脳科学とクリエイション

    脳科学 と クリエーター/文化人のコラボレーションにより人間の創造性や豊かなライフスタイル発見していくNPO法人ニューロクリアティブ研究会のコミュニティです。 3月にフォーラムを開催します。 今回のテーマは『笑い』 入場無料です。ご関心のある方は下記をご覧いただき是非ご観覧ください。 NPO法人ニューロクリアティブ研究会第4回フォーラム 「創造する脳〜笑いが拓く しなやかな思考」 【開催概要】 ●日 時) 平成23年3月22日(火) 13:00〜17:30 (終了後に懇親会を予定) ●場 所) 渋谷区文化総合センター大和田6F 伝承ホール(渋谷区桜丘町23-21) http://www.shibu-cul.jp/index.php ●参 加) 250名 ●参加費) 無 料 【プログラム】 <開会13:00―閉会17:30> 1) 笑いの儀礼----『日本文化のなかの笑い(「注連縄掛神事」より)』 中東 弘(枚岡神社 宮司) 2) オープニング---『理事長あいさつ〜一人ひとりと創造性』 多根伸彦(NCL理事長) 3) 音寿‐---------『感謝吉祥を祝う』 雲龍(笛奏者) 4) 笑いの名人芸?-『演目「笠碁」』 柳家花緑(落語家) 5) 講演----------『笑いと社会脳』 苧阪直行(京都大学名誉教授・特任教授) 6) トークセッション-『笑いが拓くしなやかな思考』 出演:苧阪直行、柳家花緑 木村政雄(フリープロデューサー、元吉本興業常務取締役) 田所メアリー(ラフターヨガジャパン代表) 進行:鈴木良次(金沢工業大学教授・同支援機構顧問、NCL副理事長) 7) 助成と褒賞----『「脳科学と創造性」に関する研究助成と褒賞』 進行:甘利俊一(理化学研究所脳科学総合研究センター特別顧問、NCL理事) 8) エンディング---『発起人あいさつ〜未来からみて』 多根弘師(NCL副理事長) 【参加のお申込み】 別添のお申込書をメールまたはFAXにてお送りください。後日、参加証をお送りいたします。NCLホームページ URL:http://www.neurocreative.org/jp/ 申込フォーム:http://form1.fc2.com/form/?id=633914 からもお申込みが可能です。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 3人

  • プルトニウム:Pu〜プルサーマル

    プルトニウム:Pu〜プルサーマル

    ウラン鉱石中にわずかに含まれていることが知られる以前は、完全な人工元素と考えられていた。超ウラン元素で、放射性元素でもある。プルトニウム239、241その他いくつかの同位体が存在している。半減期はプルトニウム239の場合約2万4000年(アルファ崩壊による)。比重は 19.8 で、金属プルトニウムは、ニッケルに似た銀白色の光沢を持つ、大変重い金属である(結晶構造は単斜晶)。融点は639.5℃、沸点は3230℃(沸点は若干異なる実験値あり)。硝酸や濃硫酸には不動態となり溶けない。塩酸や希硫酸などには溶ける。原子価は、3価〜6価(4価が最も安定)。金属プルトニウムは、特に粉末状態において自然発火する事がある。塊りの状態でも、湿気を含む大気中では自然発火する事があり、過去のプルトニウム事故の多くが、この自然発火の結果とされている。プルトニウムとその化合物は人体にとって非常に有害である。プルトニウムはアルファ線を放出するため、体内、特に肺に蓄積されると強い発癌性を示す。 原子炉において、ウラン238が中性子を捕獲してウラン239となり、それがベータ崩壊してネプツニウム239になり、更にそれがベータ崩壊してプルトニウム239ができる(原子炉内では他のプルトニウム同位体も多数できる)。ウラン238は天然に存在するのでネプツニウム239とプルトニウム239は極微量ながら天然にも存在する。また半減期が約8000万年とプルトニウム同位体の中では最も長いプルトニウム244も極微量天然に存在する。なお、プルトニウム239および240とそれらの放射壊変物の飛沫の吸引はWHOの下部機関IARCより発癌性があると (Type1) 勧告されている。 プルトニウムは核兵器の原料や、プルサーマル発電におけるMOX燃料として主に使用されるが、他の用途としては人工衛星の電源として原子力電池として使用されたこともある。

    テーマ投稿数 27件

    参加メンバー 2人

  • カタストロフィー「大変動」「破局」理論

    カタストロフィー「大変動」「破局」理論

    カタストロフィー理論とは、連続する事象を背景として不連続な事象が発生する過程を追究しようとする理論のことです。1960年代にフランスの数学者ルネ・トムによって、トポロジー(位相数学)を科学全般に適用する試みとして提唱されたものです。 例えば、地殻を形成している岩板(プレート)が、普段はゆっくり移動しているだけですが、ある限度を超えたときに、激しい動き(地震)となったり、あるいは生物の体中で少しずつ起こる変化、青虫が蝶へと劇的に変態を遂げたり、といったプロセスを解明しようとするものです。 もともと「カタストロフィー」とは「大変動」「破局」といった意味を持っており、そこから突然の破壊・崩壊が起こるプロセスなどを研究する学問へも発展しているようです。 心理学的には最高の緊張状態(幸福など)から、いっきに下降し悲劇的な結末を迎える理論。ということになります。例えば、「愛と憎しみは表裏一体」とはよくいわれるように、愛が深ければ深いほど、強い憎しみに変わる可能性も高くなる訳です。このように、「愛」と「憎しみ」のような相反する感情が突然入れ替わることを、心理学の言葉では「カタストロフィー理論」と呼んでいます。 http://youtu.be/ZP2YDc1uU5g 激しい雨〜世界が平和だった頃の夢・・・RCサクセション

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 夢分析〜異世界交信〜霊界通信

    夢分析〜異世界交信〜霊界通信

    夢に現われたる異世界交信〜霊界通信について語ってください

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 首都巨大地震

    首都巨大地震

    首都巨大地震発生の予測と対策を研究する

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 6人

続きを見る

続きを見る

続きを見る