TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

科学ライフ トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 神経細胞を知りたい

    神経細胞を知りたい

    神経細胞の情報伝達 神経細胞の骨格変化 神経細胞の分化 神経細胞の死 等々神経細胞に関するお話を皆さんとしてみたいです。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

  • 顕微鏡写真・動画トラコミュ

    顕微鏡写真・動画トラコミュ

    顕微鏡を使って撮影した写真や動画を含む記事を共有するのが目的です。気軽にご利用ください。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 2人

  • 月周回衛星「かぐや」

    月周回衛星「かぐや」

    かぐや(SELENE, Selenological and Engineering Explorer、セレーネ)は、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) の月周回衛星。この衛星を利用した月探査計画はSELENE Project(セレーネ計画)と呼ばれ、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のアポロ計画以降、最大の月探査計画とされる。主衛星と2機の子衛星で構成され、搭載する14種類の観測機器を用いて、月を周回しながら約1年間様々な観測を行う計画である。広報用にNHKのハイビジョンカメラも搭載し、月から地球の出を撮影する予定である。 SELENEはギリシア神話の月の女神セレネ(Σελήνη,Selene)にちなんだ名称である。 かぐやの愛称は、JAXAの行った一般公募によって決定された。後に子衛星2機にも愛称がつけられ、リレー衛星は「おきな」(OKINA)、VRAD衛星は「おうな」(OUNA)と命名された。それぞれ、竹取物語の中で月へと帰るかぐや姫と、育ての親の翁(おきな)、嫗(おうな)にちなむ。 当初は2007年8月16日に打上げが予定されていたが、コンデンサの取り付けミスや天候悪化などのため9月14日に延期された。打ち上げ後は順調に飛行を続け、予定通りに月周回軌道に入り、2機の子衛星を分離後に月面から高度100kmの月周回観測軌道に投入された。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 4人

  • F-22 (戦闘機)

    F-22 (戦闘機)

    F-22は、F-15C/Dの後継機としてロッキード・マーティン社が開発し、アメリカ合衆国空軍 (USAF) にて制式化された多用途戦術戦闘機(航空支配戦闘機、マルチロール機とも呼ばれる)。愛称はラプター(Raptor//猛禽類の意)。初飛行は1997年(YF-22の初飛行は1990年9月30日)。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 5人

  • 温故知新・・・過去に学び未来に光明を

    温故知新・・・過去に学び未来に光明を

    「温故知新」という言葉は大変、意味深い言葉です。科学で言いますと、基礎技術を学び新技術の開発へのよすがにすることです。 また、歴史で言えば過去の出来事は、現在の問題の解決策を示しています。歴史は繰り返しますからね。 この意味で、私は「温故知新」なる言葉を大切にしています。

    テーマ投稿数 124件

    参加メンバー 9人

  • ブラックホール

    ブラックホール

    ブラックホール (Black hole) は、重力が強く、光さえも抜け出せない領域のことを指す。大質量の恒星が超新星爆発した後、自己重力によって極限まで収縮することによって生成したり、巨大なガス雲が収縮することで生成すると考えられている。ブラックホールの境界は、事象の地平面 (event horizon) と呼ばれる。一般相対性理論では、厳密にはブラックホールは、『時空の他の領域と将来的に因果関係を持ち得ない領域』として定義される。 ブラックホール自体を直接観測することは、これまで成功していないが、周囲の物質の運動やブラックホールに吸い込まれていく物質が出すX線や宇宙ジェットから、その存在が信じられている。銀河の中心には、太陽質量の106〜1010倍程度の巨大ブラックホール (super-massive black hole) が存在すると考えられており、超新星爆発後は、太陽質量の10倍〜50倍のブラックホールが形成すると考えられている。最近、両者の中間の領域(太陽質量の106〜1010)のブラックホールの存在を伺わせる観測結果も報告されており、中間質量ブラックホール (intermediate mass black hole; IMBH) と呼ばれている。 数式上は、すべての物質を飲み込むブラックホール解と相反するものとしてホワイトホール (white hole) 解が存在する。

    テーマ投稿数 25件

    参加メンバー 11人

  • ホワイトホール

    ホワイトホール

    ホワイトホール (white hole) は、ブラックホール解を時間反転させたアインシュタイン方程式の解として、一般相対性理論で理論上議論されるものである。ブラックホールは事象の地平線を超えて飛び込む物質を再び外部へ逃さずにすべてを飲み込む領域であるが、ホワイトホールは事象の地平線から物質を放出する。加速度の符号は時間反転に対して保存されるので、どちらも重力(引力)が起因する現象である。 数学的には在り得るが、実際に天体として存在するかどうかは不明である。ブラックホール熱力学は、量子効果によってホーキング放射することによって、ブラックホールが最終的には蒸発することを予言するが、このプロセスも時間反転に対して対称であるため、熱的平衡にあるブラックホールの時間反転解もブラックホール解である。そうならば、ブラックホールもホワイトホールも同じ物体として解釈され得る。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • タイムトラベル

    タイムトラベル

    タイムトラベル (Time travel) とは、通常の時間の流れから独立して過去や未来へ移動すること。「時間旅行」ともいう。他に、移動の様態によって「タイムスリップ」「タイムワープ」「タイムリープ」「タイムトリップ」など多様な表現がなされる。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 15人

  • 相対性理論

    相対性理論

    相対性理論(そうたいせいりろん, 独語:Relativitätstheorie、英語:Theory of relativity)は、アルベルト・アインシュタインの創始した理論で、1905年に発表された特殊相対性理論と、1916年に発表された一般相対性理論との総称である。 前者は互いに、つまり相対的に等速運動する座標系の間では物理学の法則が不変な形を保つという原理にもとづくものであり、後者は前者に互いに速度を上げたり下げたりする加速運動や重力をも取り入れて一般化した理論である。単に相対論(relativity)ともいわれる。命名者はドイツの理論物理学者、マックス・プランク。アインシュタインは不変性理論にしたいと思っていた。

    テーマ投稿数 51件

    参加メンバー 11人

  • ニューフィジックス(New Physics)

    ニューフィジックス(New Physics)

    新しい物理学についてなら、何でも構いません。 トンデモなブログのトンデモな記事でもOKです。 何をもって新しいとするかの判断は、ご自由に。

    テーマ投稿数 58件

    参加メンバー 4人

続きを見る

続きを見る

続きを見る