TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

AI・人工知能 トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 未確認飛行物体

    未確認飛行物体

    未確認飛行物体(みかくにんひこうぶったい)とは、その名の通り何であるか確認されていない飛行体のこと。「Unidentified Flying Object」(アナイデンティファイド・フライング・オブジェクト)の頭文字をとってUFO(ユーフォー、ユー・エフ・オー)と呼ばれる。本来アメリカ空軍で用いられている用語で、主として国籍不明の航空機などに用いられている。進路を見失った飛行機や他国のスパイ機、さらにはミサイルの可能性があるので、スクランブル(緊急発進)の対象となる。必ずしも物体ではなく、自然現象を誤認する場合もあるため、未確認空中現象(Unidentified Aerial Phenomena、UAP)が用いられることもある。 本来的は上記のような用語であるが、ある種のテレビ番組や雑誌では空飛ぶ円盤、宇宙人(エイリアン)の乗り物(エイリアン・クラフト)の意味で「UFO」が用いられている。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 14人

  • ☆宇宙人☆

    ☆宇宙人☆

    宇宙人ていますか? 宇宙人ていますね?

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 11人

  • 地図

    地図

    地図(ちず)とは、地球などの地表、あるいは架空の世界の全部または特定の一部分を縮小表現したものである。 書店等で一般的に入手可能な地形図は、東西南北や緯度、経度が指し示されて、等高線による土地の高低差、海、湖、河川のような水域、行政区画、道路や建物の位置などの多くの情報が網羅されている。地図では、記入される情報は全て地図記号で表され、地図の種類または国ごとに統一され決められている。ただし地形図以外のもの(道路地図やガイドマップなど)においてはこのような規格には沿っていないものが多い。さらに鉄道路線図のように接続関係のみを重視し幾何学的正確性を無視したものもある。 日本では、国土地理院により測量がされて作られている。従来使われてきた測地系(座標を決める基礎情報)が、GPSなどで使われるものと大きく異なっていたため、測量法の改正により2002年4月1日に「日本測地系」を「世界測地系」に変更した。その前後の緯度、経度は座標変換が必要になる。 また日本では地図は著作権法10条1項6号で図形の著作物として例示されており、著作権法で保護される。 現在では、地図のデジタル化によって、地図上に多くの情報をあわせて持つことができるようになっている(地理情報システム(=GIS)参照)。

    テーマ投稿数 94件

    参加メンバー 26人

  • 核弾頭

    核弾頭

    核弾頭(かくだんとう、nuclear warhead)は、モジュール化された量産型の核爆弾である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 火炎放射器

    火炎放射器

    火炎放射器(かえんほうしゃき、flamethrower)は、「炎」を投射する、もしくは「火がついた液体」を投射する武器/兵器、道具。 道具としては、農業や一般家庭などにおける雑草の駆除などに使用されるものがある。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 手榴弾

    手榴弾

    手榴弾(しゅりゅうだん、てりゅうだん[1])は、武器の一つで、主に手で投げて用いる小型の爆弾。自衛隊などでは手投げ弾(てなげだん)と呼称する。人など非装甲目標に有効で発射装置を必要としないため歩兵の基本的装備となっている。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 地雷

    地雷

    地雷(じらい、(『ぢらい』とあらわすこともある。)landmine)とは、地上または地中に設置され、人や車両の接近や接触によって爆発して危害を加える兵器。対人用、対車両用がある。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 中国・四川省大地震

    中国・四川省大地震

    中国の四川省で発生した大地震について。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 8人

  • 地震予知(緊急地震速報)

    地震予知(緊急地震速報)

    地震による被害を軽減するために、人類は揺れに強い建物を造る努力を続け、現在では大地震に耐えられるような建物を造ることができるまでになった。一方で、地震の発生時期を予測して被害を軽減しようと、数千年前から地震予知を試みてきた。しかし現在でも、一般には、地震の発生を事前に「正確に」予知することは困難とされている。 ひと口に地震の予知と言っても、そこにはさまざまな範囲や形式が考えられる。端的に言って「何月何日の何時に、何処でどれだけの規模の地震が発生する」といった範囲・形式での予知を、科学的な手段による根拠を提示して行うことは、少なくとも現時点では不可能と言ってよい。 地震調査研究本部の作成した「確率論的地震動予測地図の試作版(地域限定−西日本)平成16年3月25日(地震調査研究本部、平成16年3月25日)」では、東海・東南海・南海などで30年以内に40〜50%(50年以内なら80%以上)の確率で地震が起こると試算している。これらの地域では長さ数百kmの断層全体が一度に動き、広範囲に被害が及ぶような地震が度々起きたことが判っているが、「次」がいつ起きるのかはわからない。 地震学者や行政が公式に認め取り組んでいるのは、ほとんどが地学的な見地に基づいた地震予知である。また一部の研究者は従来の地学的手法とは異なる観測方法を用いた地震予知を研究している。これらのほかに、地震前に広く見られると言われている種々の前兆現象(宏観異常現象)を予知に用いる研究をする人もいるが、地震学者からはほとんど認められていない。 近頃ラジオやテレビ、メールで始められた緊急地震速報も限界があるが、誤報慣れによる人心の緩みが被害を招く、地震予知も速報も生かすも殺すも人間の心の準備と言う事が出来るだろうか?

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 24人

  • 東海地震

    東海地震

    東海地震(とうかいじしん)とは駿河湾内に位置する駿河トラフで周期的に発生する海溝型地震。マグニチュード8級と想定される。 関東地震(南関東〜静岡県)、東南海地震(中京〜南紀)、南海地震(南紀〜四国)としばしば連動する(同時期または2〜3年後に発生する)。本来、地震名は発生後に命名される物であるが、周期性が確認できる事から、発生前から「東海地震」の名で呼ばれている。

    テーマ投稿数 65件

    参加メンバー 10人

続きを見る

続きを見る

続きを見る