TOPICS
  • 1位
    幾何数学の研究小道

    幾何数学の研究小道

    (定規とコンパス)図形幾何学を主にした数学:幾何数学をやり始めて50年、楕円の一般化卵形線の研究に始まり、基本幾何学、ヘキサゴンの定理、星々の定理、ダイアバラの定理の発見に至った現在、これらの研究と普及の幾何数学日記を作り。よろしく。

    読者になる
  • 2位
    =人類に希望を授ける方程式革命=

    =人類に希望を授ける方程式革命=

    〜希望と美を備えた人類史上最強の方程式〜 2013/6:<エネルギー問題を解決する鍵を与える>

    読者になる
  • 3位
    50代から理数を学ぶ

    50代から理数を学ぶ

    数学検定2級2次に挑戦中です。数学を理解し、物理学の学習に早く進みたいのですが…。

    読者になる
  • 4位
    Mr.∅の数学と古美術

    Mr.∅の数学と古美術

    数学と古美術への愛を語ります

    読者になる
  • 5位
    裏 RjpWiki

    裏 RjpWiki

    文字通り,RjpWiki の裏を行きます

    読者になる
  • 6位
    統計ER

    統計ER

    統計ソフトの使い方。統計ソフトRが多め。

    読者になる
  • 7位
    数学ノート

    数学ノート

    数学修士卒の会社員が身の回りの数学に関する話を紹介するブログです. 多くの偉人が残した人類の叡智ともいえる数学の美しさを深く理解したいと思い,日々数学をしております.その結果を自分の言葉でまとめて多くの人に知ってもらえれば幸いです.

    読者になる
  • 8位
    とね日記

    とね日記

    理数系ネタ、パソコン、フランス語、映画の話題が中心。

    読者になる
  • 9位
    ダイアバラの定理|思考とは何か

    ダイアバラの定理|思考とは何か

    ダイアバラの定理|幾何数学の研究|学問とともに ダイアバラの定理 幾何数学日記:Geomac 再開82日から 山の向こうに 楕円の一般化(Ovalin)の研究 点線円幾何学 学問のてにをは ご覧ください。

    読者になる
  • 10位
    Graviness Blog

    Graviness Blog

    算数・数学・科学・電脳・雑記・アホの順の密度で記事が構成されます.

    読者になる
  • 1位
    読者になる
  • 2位

    好きなものが好きなことには,何かの理由がある

    どうしても,好きなものって,ありますか? 私は,「数学」と「古美術」です. 今回は古美術のルーツについて. 特に出土品が好きなのですが,その理由として考えられることが2つあります. 小学生のころ,夏休みはよく山に入っていました. ある場所で縄文土器の破片が出るというのを聞いて,掘りに行っていたんです. 小さな破片がほとんどでしたが,たまに大きいものがあったり,破片同士がちょうど接合したり,小さな感動がありました. その経験は,いまでも生きているのではないかと思っています. もう一つは,近所のおっちゃん. 同じ山には古墳がありました. 小さな前方後円墳で,竪穴式の石室もありました. そのおっちゃ…

    phi_math

    Mr.∅の数学と古美術

    読者になる
  • 3位

    カオス的世界像―非定形の理論から複雑系の科学へ: イアン・スチュアート

    「カオス的世界像―非定形の理論から複雑系の科学へ:イアン・スチュアート」内容紹介:神はサイコロ遊びをするか?現代科学が抱える難問の核心にあるカオスの正体に迫る。近年広い分野で興味を持たれているカオスに関連した自然現象を、ほとんど数式を用いずにわかりやすく説明し、豊富な例え話とともに複雑な理論へ導いていく。1992年刊(382ページ)のものに新たに4章を加えた増補新版。1998年10月刊行、519ページ。著者について:イアン・スチュアート(IanStewart)ウォーリック大学数学部教授。英国の第一線の数学者であり、ポピュラーサイエンス書の著者としても世界的に有名。2001年に、王立協会のフェローとなる。新聞や雑誌の記事の執筆、テレビの科学番組への出演なども積極的に行っている。著書に、『数学の秘密の本棚』『世界を...カオス的世界像―非定形の理論から複雑系の科学へ:イアン・スチュアート

    とね

    とね日記

    読者になる
  • 4位

    01/18のツイートまとめ

    非進学校から高校1年生から勉強を始め、同時に予備代をバイトで稼ぎつつ難関大に現役合格した筆者の勉強法

    数学と理系資格専門家庭教師のアイデア

    偏差値50以下から旧帝に現役合格した人私です

    読者になる
  • 5位

    古い鉄の味わい 日本刀の茎

    短刀の茎(柄の中に収まっている部分)です. 700年ほどの時を経過して,このような黒錆が覆ってくれるのですね. 100年とか200年とか,それくらいでは,まだまだピカピカに光っているものもあります. 拵(こしらえ・外装のこと)を作り替えるときには,目釘穴(竹製の1センチほどの細い棒が刺さる穴,柄にある穴の位置と揃えてあり,これで刀を柄に固定する)を作り直すことがあります. 4回ほど穴を穿ったようです.そのうち1つは,(おそらく)鉛で埋めてあります. 古い時代はタガネでコツコツ 新しくなると,ロクロを使って正確な円の穴をあけるように 境目は室町時代くらいだそう. 古い時代の穴には,“雅味がある”…

    phi_math

    Mr.∅の数学と古美術

    読者になる
  • 6位

    ポアンカレによるカオスの発見と先見性

    拡大(元画像)ニューラルネットワークによる自動彩色先日、この連続投稿がツイッターでバズった。(連続投稿を開く)三体問題のカオス的軌道を採用することで、それまで最も効率的と考えられてきたホーマン軌道を採用する場合の半分の燃料で宇宙船を月の周回軌道に乗せることができる。ただし地球を48周、月を10周回るため2年かかるが、将来月面基地建設のための物資を運搬するためには効率的だ。20世紀初頭、カオス現象と呼ばれるこの不規則な動きが存在することに初めて気がついたのは、フランスの数学者ポアンカレである。ジュール=アンリ・ポアンカレ(Jules-HenriPoincaré、1854年4月29日–1912年7月17日):ウィキペディアナンシー生まれのフランスの数学者、理論物理学者、科学哲学者。数学、数理物理学、天体力学などの重...ポアンカレによるカオスの発見と先見性

    とね

    とね日記

    読者になる
  • 7位

    点列コンパクト・開集合・閉集合の整理(解析学 第I章 実数と連続12)

    ボルツァーノ・ワイエルシュトラスの定理をn次元に一般化したときにも成り立つのか考えます.このような性質を点列コンパクトといい,開集合や閉集合,コンパクト空間にも繋がる重要な基礎概念です.これらの概念はたまに教科書を見返したりしていますが,一度整理したいと思います.

    ゆうゆう

    数学ノート

    読者になる

続きを見る

  • ミサイル防衛

    ミサイル防衛

    ミサイル防衛、略称MD(Missile Defense)またはBMD(Ballistic Missile Defense)とは、主に弾道ミサイルからある特定の区域を防衛することである。 ミサイル防衛は時代と共にその名称が変遷してきた。現在のミサイル防衛計画は、2001年5月以降にジョージ・W・ブッシュ政権が推し進めている、戦域ミサイル防衛 (TMD:Theater Missile Defense) と国家ミサイル防衛 (NMD:National Missile Defense) を統合した多層的なミサイル防衛構想である。

    テーマ投稿数 40件

    参加メンバー 7人

  • アストロバイオロジー

    アストロバイオロジー

    #宇宙生物学では、毎日ブロッグを更新するほどネタはありません。 1. Astrobiology dot com http://www.astrobiology.com/ http://www.astrobio.net/news/ http://nai.nasa.gov/ 2. Astrobiology Universty http://astrobiology.ucla.edu/ http://depts.washington.edu/astrobio/ http://www.ifa.hawaii.edu/UHNAI/ http://astrobiology.asu.edu/ * Exobiologie en France http://www.exobio.cnrs.fr/ 3. SETI http://www.seti.org/

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 4人

  • フェニックス (探査機)

    フェニックス (探査機)

    フェニックス (Phoenix) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の管理下で、アリゾナ大学の月惑星研究所 (Lunar and Planetary Laboratory, LPL) を中心にカナダ宇宙庁と航空宇宙業界も加わって共同開発された火星探査機である。 2007年8月4日に打ち上げられ、2008年5月25日に火星の北極の、氷の豊富な地域に着陸。着陸後はロボット・アームで北極域の地表を掘り上げて過去の水に関する情報を探し、火星に微生物にとって適切な環境があるかどうか調べる。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 天体写真・天体撮影

    天体写真・天体撮影

    ブログを更新したらトラックバックしてください。 彗星、星雲や星団、月や惑星、月食、星と風景等の天体写真を……いやいや、それだけに止まらずジャンル不問で何でもござれ! 写真だけじゃない。天文関係、それ以外でも興味深い話題やニュースもどんどんトラックバックだ!! トラックバックで仲間を増やしましょう♪

    テーマ投稿数 7,322件

    参加メンバー 185人

  • 日本の大地震〜火山爆発など

    日本の大地震〜火山爆発など

    日本各地で起こる 起こるであろう・・・・ 大地震について・・・・ 火山の国日本いつ爆発するか? 予報についても研究され 緊急地震速報が出される昨今 鉄道〜ライフライン〜原発の管理 地震〜耐震化などの被害対策と 速やかな復興が求められています

    テーマ投稿数 274件

    参加メンバー 74人

  • 災害

    災害

    災害(さいがい)は気象などの自然現象の変化、あるいは人為的な原因などによって、人命や社会生活に対する被害を生じる現象をいう。 多くの場合、自然現象の変化による自然災害を指すが、人為的な原因による大きな事故(操船ミスによる船の転覆、操作ミスによる原子力事故など)は、特に「人災」と呼ぶことがある。又、犯罪被害も人災である。 「人災」はもともと「天災」に対して作られた言葉であるが、多くの自然災害においては、たとえ直接的な原因が自然現象であったとしても、人的被害の多くには人為的な原因が大きく関与している。このため、最近では「天災」という言葉はほとんど使用されていない。なお、人災にあっては安全工学によってそのリスクを大幅に軽減できる。

    テーマ投稿数 299件

    参加メンバー 73人

  • ハザードマップ

    ハザードマップ

    ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものである。予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、さらには避難経路、避難場所などの情報が既存の地図上に図示されている。 ハザードマップを利用することにより、災害発生時に住民などは迅速・的確に避難を行うことができ、また二次災害発生予想箇所を避けることができるため、災害による被害の低減にあたり非常に有効である。 日本では、1990年代より防災面でのソフト対策として作成が進められているが、自然災害相手だけに発生地点や発生規模などの特定にまで及ばないものも多く、また予測を超える災害発生の際には必ずしも対応できない可能性もある。掲載情報の取捨選択、見やすさ、情報が硬直化する危険性などの問題も合わせて試行錯誤が続いている。 2000年の有珠山噴火の際に、ハザードマップに従い住民・観光客や行政が避難した結果、人的被害が防がれたことで注目された。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 7人

  • 原油

    原油

    原油(げんゆ、Crude oil)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。 採掘後、ガス、水分、異物などを大まかに除去したものが原油である。黒くて粘り気のある液体であり、さまざまな分子量の炭化水素の混合物が主成分である。他に硫黄、酸素、窒素を含む化合物を少量含む。組成は炭素が83-87%、水素が11-14%、硫黄が5%以下、その他の元素は2%以下である。炭素と水素以外の組成は産地によって大きく異なるが、理由はまだ解明されていない。比重は0.8-0.98。 原油は鉄鉱石や石炭と並んで主要な鉱物資源である。2001年時点で全輸出量の約5割を占めるOPEC加盟国だけでも、輸出によって2,100億ドル以上を得ている。以下に、埋蔵量、産出量、貿易、消費についてまとめた。統計資料には石油開発資料2003とEnergy Statistics Yearbook 2001を用いた。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 6人

  • 天然ガス

    天然ガス

    天然ガス(てんねんガス、Natural gas)は一般に、天然に産する化石燃料である炭化水素ガスのことを指す。 広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般のことであり、この中には化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 2人

  • 温室効果

    温室効果

    温室効果(おんしつこうか)とは、大気圏を有する惑星の表面から発せられる放射(電磁波により伝達されるエネルギー)が、大気圏外に届く前にその一部が大気中の物質に吸収されることで、そのエネルギーが大気圏より内側に滞留し結果として大気圏内部の気温が上昇する現象。 気温がビニールハウス(温室)の内部のように上昇するため、この名がある。ただし、ビニールハウスでは地表面が太陽放射を吸収して温度が上昇し、そこからの熱伝導により暖められた空気の対流・拡散がビニールの覆いにより妨げられ気温が上昇するため、大気圏による温室効果とは原理が異なる。温室効果とは、温室同様に熱エネルギーが外部に拡散しづらく(内部に蓄積されやすく)なることにより、原理は異なるものの結果として温室に似た効果を及ぼすことから付けられた名である。 温室効果ガスである二酸化炭素が増加していることが、現在の地球温暖化の主な原因とされている。また、金星の地表温度が470℃に達しているのも、90気圧とも言われる金星大気のそのほとんどが温室効果ガスの二酸化炭素なので、その分、光学的厚さが大きいためとされている。しかし、依然として金星大気の地表温度にはなぞが残っており、他にも少量の水蒸気や酸化硫黄による光学的厚さの寄与や硫酸の雲の効果が影響しているのではとの説もある。一般に、金星の初期形成過程において、大量の水蒸気が大気中に存在し、いわゆる暴走温室効果が発生したのでははないかとの説もあるが異論も存在する。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 6人

続きを見る

  • 算数とも詰将棋的とも思える数学の問題 @19神戸大学

    1,3,4,1,3,4,1,3,4,・・・ というふうに1,3,4が繰り返し並んでいます.これを前から順に足していきます. n個足したものをS(n)と表します.つまり, S(1)=1,S(2)=1+3=4,S(3)=1+3+4=8,・・・ です. (1) S(n)=2019となるようなnは存在しません.その理由を説明してください. (2) kを自然数とします.S(n)=(kの2乗)となるような自然数nが必ず存在するそうです.その理由を説明してください. ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ※問題文は算数風に書き換えてます. こういう問題,普通じゃないです! 問題集などには載っていません…

    phi_math Mr.∅の数学と古美術
    読者になる
  • 01/19のツイートまとめ

    非進学校から高校1年生から勉強を始め、同時に予備代をバイトで稼ぎつつ難関大に現役合格した筆者の勉強法

    数学と理系資格専門家庭教師のアイデア 偏差値50以下から旧帝に現役合格した人私です
    読者になる
  • カオス的世界像―非定形の理論から複雑系の科学へ: イアン・スチュアート

    「カオス的世界像―非定形の理論から複雑系の科学へ:イアン・スチュアート」内容紹介:神はサイコロ遊びをするか?現代科学が抱える難問の核心にあるカオスの正体に迫る。近年広い分野で興味を持たれているカオスに関連した自然現象を、ほとんど数式を用いずにわかりやすく説明し、豊富な例え話とともに複雑な理論へ導いていく。1992年刊(382ページ)のものに新たに4章を加えた増補新版。1998年10月刊行、519ページ。著者について:イアン・スチュアート(IanStewart)ウォーリック大学数学部教授。英国の第一線の数学者であり、ポピュラーサイエンス書の著者としても世界的に有名。2001年に、王立協会のフェローとなる。新聞や雑誌の記事の執筆、テレビの科学番組への出演なども積極的に行っている。著書に、『数学の秘密の本棚』『世界を...カオス的世界像―非定形の理論から複雑系の科学へ:イアン・スチュアート

    とね とね日記
    読者になる
  • 読者になる
  • 好きなものが好きなことには,何かの理由がある

    どうしても,好きなものって,ありますか? 私は,「数学」と「古美術」です. 今回は古美術のルーツについて. 特に出土品が好きなのですが,その理由として考えられることが2つあります. 小学生のころ,夏休みはよく山に入っていました. ある場所で縄文土器の破片が出るというのを聞いて,掘りに行っていたんです. 小さな破片がほとんどでしたが,たまに大きいものがあったり,破片同士がちょうど接合したり,小さな感動がありました. その経験は,いまでも生きているのではないかと思っています. もう一つは,近所のおっちゃん. 同じ山には古墳がありました. 小さな前方後円墳で,竪穴式の石室もありました. そのおっちゃ…

    phi_math Mr.∅の数学と古美術
    読者になる

続きを見る

  • アラフォーからの勉強記録

    アラフォーになって思い付きで始めた勉強の記録です。 現在は英語と数学を勉強しています。

    読者になる
  • 趣味数学と大学数学と

    主に数学科の数学について記述します。 数学科の数学が気になる方や、数学科の方でテスト対策をしたい方向けです。 ときどき高校生向けのものも書きますし、日記的なものも書きます。

    読者になる
  • ダイアバラの研究

    幾何数学の研究:二重デザルグの定理 ダイアバラの定理の研究:その他ヘキサゴンの定理 Dovalinoutの研究 点線円幾何学 素数便覧など

    読者になる
  • 幾何数学の研究小道

    (定規とコンパス)図形幾何学を主にした数学:幾何数学をやり始めて50年、楕円の一般化卵形線の研究に始まり、基本幾何学、ヘキサゴンの定理、星々の定理、ダイアバラの定理の発見に至った現在、これらの研究と普及の幾何数学日記を作り。よろしく。

    読者になる
  • 調べ篇

    オリジナル曲を作ったり、数学などについてのオリジナル対話篇を書いたりしています。

    読者になる

続きを見る