searchカテゴリー選択
chevron_left

「科学」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

生物学・生物科学 トップ

TOP help
inkrich「誰でも」と「簡単」と「更新」を3つ集めて合体させて『inkrich』を作りたいんですよぉ〜

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

  • 地理

    地理

    地図を観る事から,観て思う事,考える事.そして使う事. 自分の住んでいる街や故郷の風景や文化から国々の文化文明まで.街や集落のつくりから,歴史や経済に政治,そして環境と幅広く,身近な処から地球規模な処迄,幅広く扱う事が出来る科学「地理」. 学校で一般的に知られる西洋地理学だけでなく風水の様な東洋地理学も. 色んな視点で見て考える事の出来る「地理」を楽しんでみませんか. 更に,空間とは何ぞや?場所とは何ぞや?と言った哲学的な事も.

    テーマ投稿数 735件

    参加メンバー 71人

  • 容器包装リサイクル

    容器包装リサイクル

    容器包装リサイクルについて。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 7人

  • イージス艦

    イージス艦

    「イージス艦(イージスかん)」とは、イージスシステムを搭載したあらゆる艦艇を指す総称である。したがって駆逐艦や巡洋艦などとは異なり、軍艦の種別の1つではない。 イージス艦は、イージス・システムを搭載することによって、特に防空能力について非常に優れている。このため、艦隊において防空の要として活動することが多いが、多数を保有するアメリカにおいては、汎用艦としての活動も多い。その防空能力はいずれもイージス・システムによってもたらされたもので、遠くの敵機を正確に探知できる索敵能力、迅速に状況を判断・対応できる情報処理能力、一度に多くの目標と交戦できる対空戦闘能力によって支えられている。これらの能力は、対空戦闘以外にも応用され、イージス艦の戦闘能力を全般的に優れたものにしている。 現在ではミサイル防衛(BMD) においての使用も計画されているほか、強力なレーダーや情報処理能力、ネットワーク能力を持つことから軍事における情報革命(RMA)などにおける海軍作戦の重要な要素ともなる。 その一方で、武装の搭載量や抗堪性などは、従来の艦と比べて特に優れているわけではない。従って、万能艦と誤解することは避けるべきである。また、建造費や運用コストなどが高くつくことも弱点のひとつといえる。 現代の艦載防空システムとしては、イージスシステムが世界最高峰の防衛機能を有していると言われているが、大量の経空脅威に対処するのが第一義の任務であり、海軍の任務としてそのような仮想敵の攻撃を想定しない、もしくはできるほど敵に航空戦力やミサイル戦力がない、またはイージス艦の能力では脅威に対して性能過剰となり経費が無駄になるような国も少なくないため、導入する国は限られる。

    テーマ投稿数 49件

    参加メンバー 2人

  • 航空母艦

    航空母艦

    航空母艦(こうくうぼかん、aircraft carrier)は、水上機ではない航空機を離艦・着艦させると同時に、航空機に対する整備能力と航空燃料や武器類の補給能力を有し、海上において単独で航空戦を継続する能力を有する軍艦(艦艇)。 略称は空母(くうぼ)。現代では洋上基地(司令部)としての機能も求められている。海の上のどこからでも航空機を発進させることができる空母は、現代海軍の主用艦艇である。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 7人

  • 軍艦

    軍艦

    軍艦(ぐんかん、naval ship, warship)とは、戦闘力を持つ艦艇(軍事力を持つ船舶)の総称。特に、海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)29条に定める船舶を指すことが多い。 一般に、「軍艦」と「戦艦」は混用されることが多い。しかし、厳密には「戦艦」は「軍艦」の一種であって、「軍艦」に包含される。

    テーマ投稿数 421件

    参加メンバー 33人

  • 国立科学博物館

    国立科学博物館

    国立科学博物館(こくりつかがくはくぶつかん、略称:かはく)は、独立行政法人国立科学博物館が運営する博物館施設。 上野にあり、おでかけに最適。 企画イベントなどの情報を。

    テーマ投稿数 23件

    参加メンバー 15人

  • 交通科学博物館

    交通科学博物館

    交通科学博物館(こうつうかがくはくぶつかん、英語:Modern Transportation Museum)は、昭和36年4月25日の大阪環状線開通記念事業として、日本国有鉄道(国鉄)が昭和37年1月21日開設した交通・科学に関する博物館である。 大阪環状線弁天町駅の高架下にあり、現在では西日本旅客鉄道(JR西日本)が所有し、財団法人交通文化振興財団が運営している。 所在地:大阪府大阪市港区波除三丁目11番10号 【展示鉄道車輛形式】 7100(義経) 1800 230 D51 C62 EF52 DD13 DD54 DF50 クハ86 モハ80 キシ81 スハシ38(スシ28) マロネフ59 ナシ20 0系新幹線 ML-500形リニアモーターカー サンフランシスコ ケーブルカー

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 2人

  • 地球温暖化に対する懐疑論

    地球温暖化に対する懐疑論

    地球温暖化に関しては、国際連合の下部機関であるIPCCが発行したIPCC第4次評価報告書がこれまでの学術的知見を集約しかつ国際的に広く認められており、世界の動きもこれが主軸となりつつある。こうした動きに対して、懐疑論や異論も存在する。  ・予測の不確実性を批判するもの  ・温暖化が人為的でない可能性を喧伝するもの  ・陰謀に基づいていると主張するもの などが見られる。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 5人

  • 有機リン化合物

    有機リン化合物

    有機リン化合物(ゆうきリンかごうぶつ)は炭素−リン結合を含む有機化合物の総称である。有機リン化学ではそれらの性質や反応性を研究する。リンは窒素と同じく第15族元素であり、それらを含む化合物は共通の性質を持つことが多い。 リン原子は−3、−1、+1、+3、+5価の原子価をとりうる。多くの化学の文献では、符号にかかわらず+3価と−3価の酸化状態を共に (III) と表すことが多い。IUPAC命名法には配位数 δ と結合数 λ を用いたものがある。この命名法に従えば、ホスフィンは δ3λ3 の化合物となる。 神経系・呼吸器系に対する毒性がある化合物が多いことから、第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われている。「ホス(phos)」と付く農薬はたいてい有機リン剤である(ただしホスゲンは無関係)。また人に対する神経毒性が高い化合物も多いため、神経ガスとしてサリンなどが開発された。人の中毒症状としては縮瞳が(『縮瞳と言えば脳幹出血か有機リン中毒』と言われる位に)特徴的である。公衆衛生学、労働安全衛生、労働災害では、毒性のある化合物について特に疾病原因や汚染物質として扱う。 また、化学兵器原料となるものも多数あり、これらは製造・使用・取引などにおいて各種の法規制を受ける。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • パワーか、フォースか

    パワーか、フォースか

    「パワーか、フォースか 人間のレベルを測る科学」についてのトラコミュです。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 4人