TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

科学ブログ トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • ブラックホール

    ブラックホール

    ブラックホール (Black hole) は、重力が強く、光さえも抜け出せない領域のことを指す。大質量の恒星が超新星爆発した後、自己重力によって極限まで収縮することによって生成したり、巨大なガス雲が収縮することで生成すると考えられている。ブラックホールの境界は、事象の地平面 (event horizon) と呼ばれる。一般相対性理論では、厳密にはブラックホールは、『時空の他の領域と将来的に因果関係を持ち得ない領域』として定義される。 ブラックホール自体を直接観測することは、これまで成功していないが、周囲の物質の運動やブラックホールに吸い込まれていく物質が出すX線や宇宙ジェットから、その存在が信じられている。銀河の中心には、太陽質量の106〜1010倍程度の巨大ブラックホール (super-massive black hole) が存在すると考えられており、超新星爆発後は、太陽質量の10倍〜50倍のブラックホールが形成すると考えられている。最近、両者の中間の領域(太陽質量の106〜1010)のブラックホールの存在を伺わせる観測結果も報告されており、中間質量ブラックホール (intermediate mass black hole; IMBH) と呼ばれている。 数式上は、すべての物質を飲み込むブラックホール解と相反するものとしてホワイトホール (white hole) 解が存在する。

    テーマ投稿数 25件

    参加メンバー 11人

  • ホワイトホール

    ホワイトホール

    ホワイトホール (white hole) は、ブラックホール解を時間反転させたアインシュタイン方程式の解として、一般相対性理論で理論上議論されるものである。ブラックホールは事象の地平線を超えて飛び込む物質を再び外部へ逃さずにすべてを飲み込む領域であるが、ホワイトホールは事象の地平線から物質を放出する。加速度の符号は時間反転に対して保存されるので、どちらも重力(引力)が起因する現象である。 数学的には在り得るが、実際に天体として存在するかどうかは不明である。ブラックホール熱力学は、量子効果によってホーキング放射することによって、ブラックホールが最終的には蒸発することを予言するが、このプロセスも時間反転に対して対称であるため、熱的平衡にあるブラックホールの時間反転解もブラックホール解である。そうならば、ブラックホールもホワイトホールも同じ物体として解釈され得る。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • タイムトラベル

    タイムトラベル

    タイムトラベル (Time travel) とは、通常の時間の流れから独立して過去や未来へ移動すること。「時間旅行」ともいう。他に、移動の様態によって「タイムスリップ」「タイムワープ」「タイムリープ」「タイムトリップ」など多様な表現がなされる。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 15人

  • 相対性理論

    相対性理論

    相対性理論(そうたいせいりろん, 独語:Relativitätstheorie、英語:Theory of relativity)は、アルベルト・アインシュタインの創始した理論で、1905年に発表された特殊相対性理論と、1916年に発表された一般相対性理論との総称である。 前者は互いに、つまり相対的に等速運動する座標系の間では物理学の法則が不変な形を保つという原理にもとづくものであり、後者は前者に互いに速度を上げたり下げたりする加速運動や重力をも取り入れて一般化した理論である。単に相対論(relativity)ともいわれる。命名者はドイツの理論物理学者、マックス・プランク。アインシュタインは不変性理論にしたいと思っていた。

    テーマ投稿数 51件

    参加メンバー 11人

  • ニューフィジックス(New Physics)

    ニューフィジックス(New Physics)

    新しい物理学についてなら、何でも構いません。 トンデモなブログのトンデモな記事でもOKです。 何をもって新しいとするかの判断は、ご自由に。

    テーマ投稿数 58件

    参加メンバー 4人

  • 温室効果ガス

    温室効果ガス

    温室効果ガス(おんしつこうかガス、Greenhouse Gas, GHG)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより温室効果をもたらす気体の総称である。 水蒸気、対流圏オゾン、二酸化炭素、メタンなどが該当し、その中で最も温室効果をもたらしているのは水蒸気である。近年、大気中の濃度を増しているものもあり、地球温暖化の主な原因とされている。 ただし、国立環境研究所の調査では、温暖化の原因を二酸化炭素増加と答えた者は1割に満たず、オゾン層破壊が原因と答えた者が大半であり、温暖化の原因をオゾン層破壊と誤解している者も多い。 京都議定書における排出量削減対象となっていて、環境省において年間排出量などが把握されている物質としては、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)(=亜酸化窒素)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、六フッ化硫黄(SF6)の6種類がある。最も温室効果をもたらしている水蒸気が削減対象とされていないのは人為的に大気中の水蒸気量を制御するのは困難なためである。

    テーマ投稿数 87件

    参加メンバー 16人

  • HD DVD

    HD DVD

    HD DVD(エイチディー・ディーブイディー)とは東芝とNECが共同で開発した青紫色半導体レーザー世代の光ディスクの規格である。ピックアップレンズで世界シェアトップの三洋電機も開発に参加した。「HD」はHigh Definition(高解像度)の意。青紫色半導体レーザー世代の光ディスクの別規格としては「Blu-ray Disc(以下、BD)」がある。大きさ(直径12/8cm)についてはCD・DVDと共通であるが、記録・再生方式に関してはこれらのディスクと規格上の互換性はない。しかし、HD DVD対応機器を3波長化することで従来のCDやDVDも使用できる。なお、HD DVD規格は、DVDと同様にDVDフォーラムによって議論および承認が行われている規格である。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • Blu-ray Disc

    Blu-ray Disc

    Blu-ray Disc(ブルーレイディスク、BD)とはソニー・松下電器産業・シャープなどが「Blu-ray Disc Association」で策定した青紫色半導体レーザーを使用する次世代光ディスク規格である。

    テーマ投稿数 80件

    参加メンバー 22人

  • アトランティス (オービタ)

    アトランティス (オービタ)

    アトランティス(Space Shuttle Atlantis、NASA型名:OV-104)はNASA スペースシャトル・オービタの5機の内の1つである。4番目に建造され、機材の中で現存している3機のシャトルの1機である。名前の「アトランティス」は、古代ギリシアの哲学者プラトンの著書に記述がある伝説の大陸アトランティス (Ατλαντίς) に由来する。 1995年にはロシアの宇宙ステーション「ミール」の修理のために、米露の宇宙船が1975年以来初めてドッキングした。 改良により、シャトル初号機のコロンビアよりも3トン軽量化され、建造期間も短縮されている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • スーパーコンピュータ

    スーパーコンピュータ

    スーパーコンピュータ(Supercomputer、略称:スパコン)とは、内部の演算処理速度がその時代の一般的なコンピュータより非常に高速な計算機(コンピュータ)のこと。HPCサーバ(High Performance Computing Server)とも呼ばれる。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

続きを見る

続きを見る

続きを見る