TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

農学・森林学・水産学 新着記事

NEW POST help
  • 修道院と中世ヨーロッパ前期の食-中世ヨーロッパのはじまりと食(2)

    修道院と中世ヨーロッパ前期の食-中世ヨーロッパのはじまりと食(2)キリスト教には修道院という施設があります。教会が広く民衆に開かれた施設であるのに対して、修道院は修道士が厳しい修行を行う場です。この修道院がゲルマン民族とキリスト教が受容される上で大きな役割を果たしました。また、農業や食の世界にも大きな影響を与えました。今回は修道院と中世の食の関係について見て行きましょう。************キリスト教で苦行僧のように厳しい修行を行う者は4世紀頃のエジプトやシリアで見られたが、彼らは最初は一人だけで活動していた。それが次第に集団生活をしながら修行するようになり、修道院が生まれる。最初の完成された形の修道院は、529年にベネディクトゥス(480年頃~547年)によってイタリアのローマとナポリの間にあるモンテ・カ...修道院と中世ヨーロッパ前期の食-中世ヨーロッパのはじまりと食(2)

    T-Shintani

    食の歴史 by 新谷隆史ー人類史を作った食の革命

    読者になる
  • 散文だけど先ずか書く

    M氏

    M氏の幸福研究室

    読者になる
  • 中世ヨーロッパの人口と食とペスト-中世ヨーロッパのはじまりと食(2)

    中世ヨーロッパの人口と食とペスト-中世ヨーロッパのはじまりと食(2)動物は、食べ物が増えるなどして生活している環境が良くなると数が増えます。逆に環境が悪くなると数が減ります。人の場合も同じで、人口の変化は環境の変化に連関していることがほとんどです。今回は、中世ヨーロッパの人口の推移を見て行きましょう。************下の図は紀元前400年から西暦1600年までのヨーロッパの人口の推移をグラフ化したものだ。紀元前500年から線を右にたどっていくと、西暦200年までは人口は徐々に増えているが、それ以降は一転人口が減り始める。この人口減少の原因は、本ブログでも何度かお話しした北半球の寒冷化と考えられている。つまり、200年頃から400年頃にかけて北半球の広い範囲で寒冷化が起こり、食料生産が減少したため人口を維...中世ヨーロッパの人口と食とペスト-中世ヨーロッパのはじまりと食(2)

    T-Shintani

    食の歴史 by 新谷隆史ー人類史を作った食の革命

    読者になる
  • 時間は流れる

    M氏

    M氏の幸福研究室

    読者になる