TOPICS

科学情報 新着記事

1件〜50件

  • ●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「人類は宇宙をどう見てきたか 」(京都大学宇宙総合学研究ユニット編/朝倉書店)

    <新刊情報>書名:人類は宇宙をどう見てきたか編者:京都大学宇宙総合学研究ユニット発行:朝倉書店(シリーズ〈宇宙総合学〉)文理融合で宇宙研究の現在を紹介するシリーズ。人類は宇宙をどう眺めてきたのか。[内容]人類の宇宙観の変遷/最新宇宙論/オーロラ/宇宙の覗き方(京大3.8m望遠鏡)/宇宙と人のこころと宗教/宇宙人文学/歴史文献中のオーロラ記録●科学技術書・理工学書<新刊情報>●「人類は宇宙をどう見てきたか」(京都大学宇宙総合学研究ユニット編/朝倉書店)

    SBR         

    “科学技術書”読書室?SBR?          

    読者になる
  • ●科学技術ニュース●東芝と東北大学、量子暗号通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送を世界で初めて実証

    東芝と東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)は、数百ギガバイトを超えるデータ量の全ゲノム配列データを、量子暗号通信を用いて伝送することに世界で初めて成功した。量子暗号通信技術による鍵配信速度は現時点で最大でも10Mbps程であり大規模なデータ伝送の活用には課題があったが、今回東芝とToMMoは、大規模データを逐次暗号化・逐次伝送するシステムを新たに開発し、全ゲノム配列データのリアルタイム伝送を実現した。これにより、量子暗号技術が大容量データの伝送に活用できること、またゲノム研究・ゲノム医療の分野において実用レベルで活用できることを実証した。東芝とToMMoは、同技術を活用し、東芝ライフサイエンス解析センター(仙台市青葉区南吉成)に設置した次世代シークエンサーを用いて、ToMMo(仙台市青葉区星陵町...●科学技術ニュース●東芝と東北大学、量子暗号通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送を世界で初めて実証

    SBR         

    “科学技術書”読書室?SBR?          

    読者になる
  • ●化学技術書・理工学書<新刊情報>●「信号処理のための線形代数入門」(関原謙介、共立出版)

    <新刊情報>書名:信号処理のための線形代数入門~特異値解析から機械学習への応用まで~著者:関原謙介発行:共立出版信号処理や機械学習において、重要な手法は線形代数を用いて導出され、線形代数の言葉で記述されている。それにもかかわらず、応用を想定して書かれた線形代数の教科書はあまり存在しないため、応用を目指して線形代数を学ぼうとする読者は、定理と証明が延々と続く中で「今何を目指しているのか」分からなくなり興味を失ってしまうこともある。同書はこのような方たちを対象とした線形代数の再入門書である。●化学技術書・理工学書<新刊情報>●「信号処理のための線形代数入門」(関原謙介、共立出版)

    SBR         

    “科学技術書”読書室?SBR?          

    読者になる
  • TODAY'S CELEBRATION Jan 19, 2020:新種属は神聖なマトリックスに生きる

    MSGタイトル:新種属は神聖なマトリックスに生きる引用聖句:Col 3:10-11;Heb 1:2-3;Heb 11:3;9:11-12;Ps 146:4;147:15-18; Acts 15:16-18;Eph 2:15;4:24;John 10:34-35;10:38;14:10-11;James 2:22etc.2020年1月26日(日)のセレブ・場所:ワークピア横浜ユーフォニー・時間:14.00-18.00プレイヤーMTG:ハロー会議室石川町元町(22日13:00-17:00)セレブレーションのライブ録音DVD:希望者にお分けできます。1ヶ月分、3,000円(原則4DVD);あるいは希望のタイトル1枚1,000円にて。ご注文はオンラインショッピングにてどうぞ。あるいはメールにもOKです。 NEW DVD発売:『FAITH CAMP 2019 SEMINAR』の二回のレクチャーを編集した映像。YouTube公開のものに手を入れてます。定価3,000円。注文はオンラインショップにて。

    Dr.Luke

    iDLE UTTERANCE-Dr.Luke的日々のココロ-

    読者になる
  • あなたは完璧な大人を目指してる?

    期待に応えなければ幸せになる!ワガママロジックの大谷奈緒美です。   バランスボールに乗りながらニコとおしゃべりしてたら、ニコが、「今、そのバランスボールを蹴…

    読者になる
  • CLIP:裏が表に回る時代が到来したと再建主義者=日ユ同祖論=

    いつもの再建主義の富井氏の論。多分に疑問は感じるがオモシロイので、CLIPさせてもらおう。日本が「回復された真のイスラエル」であり、日本人はユダヤ人であるというわけだ。 まず旧約のユダヤ教徒が日本に到達し、それが物部氏。神道の基礎を据えた。次にユダヤ人で新約の原始キリスト教徒の秦氏が到来し、日本文化の基礎を構築した。しかし、その後藤原氏が表に立ち、彼らは裏に回っている。いずれその逆転が起きる。そのことがカゴメ歌で予言されている・・・。 そして聖書的キリスト教が広まれば、元々IQの高い日本人が世界をリードするとも。 日本人が世界をリードする時代が到来すると予測できる 統治主義の再建主義とフィットする魅力的な説であるとは思う。が、そもそも黙示録の成立時期がAD70前であることはほとんどあり得ないし、再建主義自体が崩壊するわけで。民族的(=肉的)なアインデンティティは、ネオ・ホモサピエンスであり、ニュー・ブリードであり、エロヒムであるわれわれには何も意味がないのだ。ユダヤ人が日本に到来していたこと、日本人のDNAとユダヤ人のそれが共通性を持つことなどは認めるにしても、So What?なのだ。 日本人とユダヤ人の類似性と相違性についてはこちらの私の論文を参照されたい。

    Dr.Luke

    iDLE UTTERANCE-Dr.Luke的日々のココロ-

    読者になる
  • 【マイクロスコープの斉藤光学です】第12回オートモーティブワールド 最終日です!

    いつもご覧いただきありがとうございます。東京ビッグサイトで開催中のオートモーティブワールドも本日2020年1月17日(金)最終日を迎えました。私も昨日まで...

    saitohk

    マイクロスコープの斉藤光学

    読者になる