TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

サイエンスコミュニケーション 新着記事

NEW POST
help
  • 嘘 世界の言葉

    世の中にはとても信じられない嘘が存在。過去から現在まで人とともにある嘘のTOP100を紹介しています

    読者になる
  • アクシオン見つかる?(Newtonより)

    皆さんこんにちはtatuakicadoです(^o^)ノお元気でしょうか?私は明日健康診断があります、こんな盆近くにあるのかよと思ってしまいますが実は去年の12月のクリスマス頃から調子が悪く1月に高血圧でクリニックに月一回行っています。今回の健康診断で変な病気が出なければ良いなと思っています(でも正直言って明日が怖いです(^^;))さて先月号Newton記事より面白い物があります、是非買ってみてくださることをおすすめします。今までダークマターを観測しようとしてもなかなかうまく行きませんでした。国際共同のXENONのイタリアのダークマター検出器(装置)が太陽アクシオンに似た信号を発見したとあります。太陽アクシオンはダークマターの候補ではないらしいのですがまだ確定とは行かず今後観測研究をするそうです。からなずしもアク...アクシオン見つかる?(Newtonより)

    なんじゃこりゃあ!!

    なんじゃこりゃあ!!

    読者になる
  • 火星と冥王星

    8月13日 16:06 牡羊座の火星と山羊座の冥王星がスクエアです。ピーテル・パウル・ルーベンス 「戦争の惨禍」 (1638)フィレンツェ ピッティ宮殿寓意画と呼ばれるものです。ヤヌス神殿の開いた扉(古代ローマではこの扉が閉じられているときは平和とされていた)から

    Rurua

    ぴんとくる名前がない

    読者になる
  • コロナウイルスのリスクガバナンスにおける科学と政治その6:新たなコロナ対策分科会と6つの判断指標のまとめ

    新たに発足したコロナ対策分科会は、感染症以外のさまざまな分野の方がメンバーに入りましたが、相変わらずコロナの方だけを見ており経済影響の評価がないままです。今回提案されたコロナの感染状況の判断指標も、先行する都道府県の指標をほぼ追随しており、あまり独自なものではありませんでした。

    永井孝志

    リスクと共により良く生きるための基礎知識

    読者になる