TOPICS

サイエンスコミュニケーション 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    【宇宙機と落下】宇宙活動法における大気での溶融計算

    宇宙活動2法における落下の考え方 Credits: NASA 人工衛星が大気圏突入するときに考える事項はなんだろうか、落下した時に人に当たらないかどうかということを考えます。 人工衛星においては、再突入と地球への制御突入が該当します。 ロケットにおいては、ロケット発射から飛行安全管制期間と再突入フェーズが該当しています。 人工衛星のはやぶさやはやぶさ2の行うサンプルリターンは、制御突入に該当しています。 法において、空中で燃焼させることで、地表に落下しても問題ないことを示すことを明記しているのです。

    MSDSSph

    組織横断統括部門 機械システム設計推進本部

    読者になる