TOPICS

最先端科学・最新科学 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    【質問答えます】アイビーリーグの大学院に行くにはGPA3.8必要?

    質問者AGさん 「当方、MBA留学を目指している20代中盤の会社員です。MBAに限らずアイビーリーグの大学院に行くにはGPA3.8近くないと厳しいと聞きました。GPA3.1程度の自分に望みはあるのでしょうか。。。」 僕「ご質問ありがとうございます。MBA留学目指しているんですね。素晴らしいです。是非初志貫徹で実現されてください。 ご質問は、アイビーリーグの大学院に行くにはGPA3.8近くないと厳しいのかとのことですね。一般的にGPAは高ければ高いほどいいキャンディデート(候補者)といえます。好成績を取ったということはコースワークがきちんとできるという証なので、GPAは重要な要素の一つとなります。確かにGPA3.8以上の話はトップスクールで耳にしますので、多分そうなんでしょう。しかし、その一方でアメリカのように世界各国から集まってくるキャンディデートの学部時代のGPAは、卒業した国や大学で基準がまちまちです。アイビーリーグの大学院もスクールごと、学科ごと、プログラムごとに基準が違うのでGPAが低いからといって諦めるのは短絡的、もったいないと思います。駄目でもともと願書を提出してみてはいかがでしょうか?他にTOEFLのみならずGREやGMAT、職務経験などを考慮する場合も多いです。 質問者AGさんはGPA3.1程度とのことですが、望みが全くないとは言い切れません。他の基準でアウトスタンディングなところをアピールできれば可能性はあると考えていいでしょう。 アイビーリーグの大学院留学でのおすすめは、流行に乗っていない比較的人気のない学科・プログラムに注目するということです。そういった学科・プログラムは定員割れしているほどキャンディデートを集めるのに苦労している場合もあります。僕の場合、マテリアルサイエンス(材料科学工学)の半導体・原子炉材料分野での計算機シミュレーションが専門だったのですが、コロンビア大学の材料科学科は当時大人気で僕は落とされました。しかし僕が入学した、天然資源・鉱山学部が前身の地球環境工学科は新しい名前のため知名度が低く当時人気もありませんでした。さらに、その頃はブッシュ政権で、環境問題は後のオバマ政権程重要視されていたかったので、環境工学科はアメリカ人にも留学生にも見向きもされなかったのです。

    Dr.マサト・ナカムラ

    Dr. マサト・ナカムラのNY発テック最前線

    読者になる