TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

科学情報 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    アダムの違反とは何か?

    というのは、律法以前にも罪は世にあったが、律法がなければ、罪は罪として認められないのである。 しかし、アダムからモーセまでの間においても、アダムの違反と同じような罪を犯さなかった者も、死の支配を免れなかった。このアダムは、きたるべき者の型である。-Rom 5:13-14 この聖句が明らかにしていることは、罪はアダムの違反により世に入ったが(Rom 5:12)、律法がなければ認知されないこと。つまり律法が「むさぼるな」と言ったので、パウロはむさぼりの罪を意識したのだ。 しかるに、罪は戒めによって機会を捕え、わたしの内に働いて、あらゆるむさぼりを起させた。すなわち、律法がなかったら、罪は死んでいるのである。 わたしはかつては、律法なしに生きていたが、戒めが来るに及んで、罪は生き返り、わたしは死んだ。そして、いのちに導くべき戒めそのものが、かえってわたしを死に導いて行くことがわかった。 –Rom 7:8-10 ポイントは律法は罪を活性化し、パウロを死へと導いたことだ。なぜなら、律法はいのち(Zoe)を与えないからだ(Gal 3:21)。 死のとげは罪であり、罪の力は律法です。-1Cor 15:56 さて、従来の「人類はアダムの罪を自動的に継承した」論によれば、彼の違反により全人類の体に入ったはずである(Rom 7:17)。この意味で人は生まれながらの罪人であると説教されている。つまり胎児であれ、自由意思を行使できない幼児であれ、遺伝的に罪を得ており、すでに有罪である。私もかつてはこのように考えていたのであるが、ここで次のような問題が生じる。 ロマ書5:13-14においては、「アダムの違反と同じような罪」とある。「同じような」とある原語は”homoiōma”、意味は- a form; abstractly resemblance: - made like to, likeness, shape, similitude.(Strong) つまり「アダムの違反」と似た形を持つ(同類の)罪である。では、「アダムの違反」とは何か? 彼は蛇に騙されたエバの誘いに乗ってあの木の実を食べた。エバはYHWHの言葉をあいまいに理解していたが、アダムは正確に聞いていたのである。ここで彼はエバの誘いを取るか、YHWHの言葉を取るかの選択の自由があったのだ。 ここで重要な点は、彼のうちには

    Dr.Luke

    アダムの違反とは何か?

    読者になる