searchカテゴリー選択
chevron_left

「科学」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

地学・地球科学 トップ

TOP help

注目ハッシュタグ

inkrich「誰でも」と「簡単」と「更新」を3つ集めて合体させて『inkrich』を作りたいんですよぉ〜

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

  • クローン技術(つくられる命)

    クローン技術(つくられる命)

    クローンは、同一の起源を持ち、尚かつ均一な遺伝情報を持つ核酸、細胞、個体の集団。もとはギリシア語で植物の小枝の集まりを意味するκλών から。1903年、ウェッバー (H. J. Webber) が、栄養生殖によって増殖した個体集団を指す生物学用語として定義した。また、本来の意味は挿し木である。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 5人

  • ヒトゲノム

    ヒトゲノム

    ヒトゲノムはヒトのゲノムである。 ヒトゲノムは核ゲノムとミトコンドリアゲノムからなる。 核ゲノムは30億塩基対あり、24種の線状DNAに分かれて染色体を形成しており、最も大きいものが2億5千万塩基対で、最も小さいものが5500万塩基対である。 染色体は22種類の常染色体とXとYの2種類の性染色体に分類される。 核を持たない赤血球をのぞく体細胞は2倍体であり、同じ種類の常染色体を2本ずつ、性染色体を2本(女性はXとX、男性はXとY)の合計46本の染色体を持っている。 生殖細胞は1倍体であり、常染色体を1本ずつ、性染色体を1本の合計23本の染色体を持っている。 ミトコンドリアゲノムは16569塩基対の環状DNAでミトコンドリアの中に多数存在している。 体細胞も生殖細胞も約8000個ずつ持っている。 ヒトゲノムの塩基配列の解読を目的とするヒトゲノム計画は1984年に最初に提案され、1991年から始まり、2000年6月26日にドラフト配列の解読を終了、2003年4月14日に全作業を終了した。 ヒトの遺伝子数は2万〜2万7千個であると考えられている。

    テーマ投稿数 23件

    参加メンバー 13人

  • 細胞

    細胞

    細胞(さいぼう)は生物の最も基本的な構成単位である。ウイルスを除き、全ての生物が細胞から成り立っている。細胞を持つことが生物の定義とされることもある(この場合、ウイルスは非生物に位置付けられる)。 生物は多様であり、一つ一つの細胞が独立して生きていくような単細胞生物から、同じような細胞が集まってコロニーや群体を形成して一緒に生きていくようなもの、また一つ一つの細胞に分かれては生きていけないほどまでに特殊化した細胞からなる多細胞生物まで、様々の形態がある。ヒトは約220種類の細胞組織から構成されている。

    テーマ投稿数 23件

    参加メンバー 11人

  • 宇宙からのメッセージ

    宇宙からのメッセージ

    ファーストコンタクトに備える。

    テーマ投稿数 452件

    参加メンバー 8人

  • アガルタ:地球の中の宇宙

    アガルタ:地球の中の宇宙

    空洞地球(Hollow Earth)への旅立ち

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 1人

  • エネルギー資源

    エネルギー資源

    エネルギー資源(エネルギーしげん、Energy resource)は、発電や動力機関等に用いられる石油、石炭、核燃料などの総称である。

    テーマ投稿数 53件

    参加メンバー 16人

  • 銃剣

    銃剣

    銃剣(じゅうけん)とは、銃に装着する武器(刀剣)の一つである。小銃のように比較的長い銃身を持つ銃の先に取り付け、槍や薙刀のようにして用いる。 また、銃剣を装着できる小銃のことを「銃剣銃」と称することがある。また、歴史的には、江戸末期から昭和初期頃までは着剣状態の小銃を「剣付き鉄砲(けんつきでっぽう)」とも言った。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 自然科学(地質・化石・鉱物・宝石)

    自然科学(地質・化石・鉱物・宝石)

    恐竜の骨の化石を発掘したり 貝や植物の葉の化石を採集した記事 鉱山跡から鉱物を探して宝石にしたり 火山活動の様子を観察したり 海底の断層を調べたり 地球のサイエンスなことならなんでも! 夏休みの科学から学会の発表まで広範囲に 時として大人は子供の記事から思いもつかないヒントが 少年は大人の論文を読んで学び 子供の採集日記から大人の巡検記録までお気軽にどうぞ♪

    テーマ投稿数 206件

    参加メンバー 51人

  • 積乱雲

    積乱雲

    積乱雲(せきらんうん、ラテン語学術名cumulonimbus、略号Cb、キュムロニンバス)とは何らかの原因で発生した強い上昇気流によって雲頂が時には成層圏下部にも達することがあるような巨大な雲の一種である。積乱雲の鉛直方向の大きさは雲の種類の中でも最大であり、最高部から最低部までの高さは1万メートルを超えることもある。また、積乱雲は他にも雷雲(らいうん)、入道雲(にゅうどうぐも)などの言い方がある。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 関東大震災(1923年)の教訓

    関東大震災(1923年)の教訓

    関東大震災(かんとうだいしんさい)は、1923年(大正12年)9月1日午前11時58分32秒(以下日本時間)、神奈川県相模湾北西沖80km(北緯35.1度、東経139.5度)を震源として発生した海溝型の大地震(関東地震)による災害。東京都・神奈川県・千葉県・静岡県の南関東地方の広い範囲に甚大な被害をもたらした。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 10人

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー